Hatena::Groupasakura

浅倉卓司@blog風味? このページをアンテナに追加 RSSフィード

Error : RSSが取得できませんでした。

2016-01-13(Wed)

元ウォッチャーとしてメモ

| 元ウォッチャーとしてメモ - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク 元ウォッチャーとしてメモ - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 Jコミで権利者が複数いる場合にどうしているのかは気になるところ。

 ニセモノ対策だけだと今後も問題が起こりそうな気がするので、複数権利者対策もしたほうがいいんじゃないかな。

(今回問題が大きくなった点の1つはそこじゃないかと思ってる)


 他にもラノベ関係でも何かあるらしいのを見かけましたが、そちらは取り扱い停止にする感じなのかな。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20160113

2014-02-27(Thu)

「DVDコピー機能が入ってたら入ってたで不正競争防止法で逮捕」されるのなら、電子書籍をコピーできると同様に不正競争防止法で逮捕されそうな気がするんだけど。

|  「DVDコピー機能が入ってたら入ってたで不正競争防止法で逮捕」されるのなら、電子書籍をコピーできると同様に不正競争防止法で逮捕されそうな気がするんだけど。 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  「DVDコピー機能が入ってたら入ってたで不正競争防止法で逮捕」されるのなら、電子書籍をコピーできると同様に不正競争防止法で逮捕されそうな気がするんだけど。 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 栗原潔さんが

なお、別記事によると今回の逮捕容疑は著作権侵害だけではなく、別のソフトにDVDリップ機能が入っているように宣伝していたにもかかわらずその機能が入っていなかったという虚偽宣伝の件もあるようです(もしDVDコピー機能が入ってたら入ってたで不正競争防止法で逮捕されちゃいますね)。

コミスケ3事件:画面キャプチャーをすると著作権侵害になるのか? | 栗原潔のIT弁理士日記

――と書かれていて、「あれ? DVDコピー機能が入ってたら入ってたで不正競争防止法で逮捕されるのなら、電子書籍をコピーできると同様に不正競争防止法で逮捕されそうな気がするんだけど。違うの? 違うなら何故?」と思ったのでコメントしたのですが、何故かコメントが反映されない&返事がない状態なので、ここに質問を書いておきます。

「DVDコピー機能が入ってたら入ってたで不正競争防止法で逮捕」とのことですが、この点について詳しく説明していただけないでしょうか。

(以前に説明されてるのかもしれませんが……)

というのも、DVDのコピー機能が不正競争防止法に引っかかるのであれば、電子書籍のコピーも同様に不正競争防止法に引っかからないのが不思議でしたので。

(また、引っかからないのであれば法に不備があるのでは?と思いました)


 もし理由をご存じの方がいらしたら、教えていただけると幸いです。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20140227

2014-01-15(Wed)

Services_Twitterで現時点のAPIにアクセスする方法のメモ

|  Services_Twitterで現時点のAPIにアクセスする方法のメモ - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  Services_Twitterで現時点のAPIにアクセスする方法のメモ - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 メンテナンスされてないみたいだけど使ってるアプリがあったのでメモ:

<?php

  requrie_once 'Services/Twitter.php';

  Services_Twitter::$searchUri = 'https://search.twitter.com';  // APIのリクエスト先をSSL対応に
  Services_Twitter::$uri = 'https://api.twitter.com/1.1';  // APIのリクエスト先をv1.1+SSL対応に
  // 上記は Services/Twitter.php を直接書き換えてしまってもいいかも。メンテされてないんだし。

  $tw = new Services_Twitter();

  $http_request = new HTTP_Request2();
  $http_request->setAdapter('curl');
  //$http_request->setConfig('ssl_cafile', '/usr/local/share/certs/ca-root-nss.crt');  // 実際のca-rootのパスに合わせる
  //$http_request->setConfig('ssl_verify_peer', false);

  $tw->setRequest($http_request);

// 以下、既存の処理

 APIのバージョンが変わった時の対策は以前行なっていたのですが(リクエスト先を変えるだけだったし)、今回もURLをhttpsにするだけで解決するかと思ったらハマりました。

 HTTP::Request2を使ったリクエストでhttps://api.twitter.comへの接続でエラーが出ていたのでその対策を確認したところ、HTTP_Request2のオプションとして

  • cURLを使うように変える
  • cafileの位置を指定する
  • verifyを切る

――があるようでした。

 cURLが入っている環境ならそれを使うのがいいんじゃないかな。


 上記のオプションを用いてServices_Twitterがリクエストする方法にしばらく気付かなかったのですが*1、Services_Twitter::setRequest() でHTTP_Request2オブジェクトを設定できるのに気付いて無事解決。

*1:しばらく HTTP_OAuth_Consumer 側の問題だと思ってそちらの修正をしてて「直らんなぁ」と思ってたのでした。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20140115
2004 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 05 | 07 |
2014 | 01 | 02 |
2016 | 01 |