Hatena::Groupasakura

浅倉卓司@blog風味? このページをアンテナに追加 RSSフィード

Error : RSSが取得できませんでした。

2005-03-31(Thu)

「関数型」プログラミングじゃなくて、「関数定義型」プログラミングのほうがよくない?

|  「関数型」プログラミングじゃなくて、「関数定義型」プログラミングのほうがよくない? - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  「関数型」プログラミングじゃなくて、「関数定義型」プログラミングのほうがよくない? - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 ――てなことを、「なぜ関数プログラミングは重要か」を読んで思った。

 些細な違いだけど、「関数定義型」と言ったほうが日本語として正しく伝わると思う。


 というか、コンピュータ用語はもうちょっと気を使って翻訳したほうがいいんじゃないのかな。昔はちゃんと日本語に置き換えていたというのに。

 たとえそれが「電算機」や「算法」のように結局使われなくなったとしても、日本語として意味が通じるように一度は考えてみるべきでしょう。何も考えずにカタカナにしたりそのまま英略字を使うのは、最近の翻訳者は手を抜きすぎてるんじゃないの? とか思わなくもない。


 例えば、オブジェクト指向プログラミングが分かりにくいのは、その名称および関連用語がちゃんとした日本語になっていないのが問題なんだと思う。概念としては特に難しいことを言っているわけじゃないのに、「クラス」「メソッド」「オブジェクト」「インスタンス」「インヘリタンス」「オーバーライド」「オーバーロード」とかとか言われるから、「何それ?」ってことになっちゃうんじゃないのかな*1。(追記:だから日本語になっている「継承」だけが印象に残ってしまうんじゃないだろうか。本質とは関係ないのに。)

 ちゃんと日本語にすれば、その単語の正しい定義は知らなくてもなんとなく意味が通じるのにね。というか、そういう単語に訳すべきでしょ。

 だから「オブジェクト指向」も「対象志向」とかにしておけば良かったのに*2

*1:そういえばTRONはちゃんと日本語で言ってたのにね。なんで止めちゃったのかなぁ。あっちのほうが分かりやすいだろうに。

*2:というか「指向」って誤訳じゃないの?

gotakugotaku2005/04/11 23:55「対象志向」って、いいですね!(http://blog6.fc2.com/katakanago/)

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20050331

2005-03-30(Wed)

SubversionとDreamWeaver

|  SubversionとDreamWeaver - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  SubversionとDreamWeaver - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 Subversionを使ってバージョン管理したい話をしたら、「デザイナーさんが使えないのは駄目」と言われてしまった。TortoiseSVNとか使えば簡単でいいんじゃね? とか言ったけれど、インストールするのが嫌だとのこと。

 そーいやデザイナーさんが使っているDreamWeaverWebDavに対応していた気がするので、Apache2.0を入れればいけるかと思ったけれど、ダウンロードはともかく*1、アップロードする時にエラーになってしまう。原因を調べてみるとDreamWeaverはPUTの前にLOCKするんだけれど、Subversion + Apache2.0だとLOCKには対応していないらしい。が、Apache2.1ならいちおうLOCKが通るようになるっぽい。

 というわけで仕方なくApache2.1を入れたらDreamWeaverでもファイルがアップロードできるようになった。が、今度はファイルの新規作成が出来ないのに気付く。調べてみるとDreamWeaverは新規作成するときにもLOCKをするけれど、存在しないファイルだからかApache側は4xxエラーを返していて、それで新規作成できないように見える。

 ――と、このあたりで手詰まりになって保留中。検索してもそれっぽいのが見つからないし。なんとかならないものか。

*1:まあGETだし。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20050330

2005-03-29(Tue)

はてなという会社が僕にとって魅力的に見えるのは、

|  はてなという会社が僕にとって魅力的に見えるのは、 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  はてなという会社が僕にとって魅力的に見えるのは、 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

チームでないとできないテーマの、そこそこいい線いっている研究をやっていて、まとまりのある理系大学院の研究室に似ている。

はてなという会社全体の印象について

――だからかもしれない。

 あるいは研究室じゃなくて、「ちゃんと作品を作って発表してそれなりに評価を得ている文化系サークル」かもね。会社の中見たことないから知らないけど。


 個人的には株式公開なんか考えずに、現状の延長で会社を大きくして欲しい、と思う。

 IT企業というとどうしても「株式公開で一攫千金」的な方向になりそうだけれど、「ジャパネットたかた」のような方向を目指すのもアリなんじゃないだろうか。

 なんとなくだけど、はてなの目指す方向は

――個人としての、高田さんの目標は何なのですか?

 高田は、笑いながらこう答えた。

 「僕も含めて、周りの皆がハッピーになる。それでいいんじゃない?」

 そこには会社という組織を徹底的に共同体としてとらえ、家族として共に歩んでいこうという頑強な意志があるように思えた。

 それは、90年代以降の苛烈なグローバリゼーションに洗われる以前、古き良き時代に日本企業が目指した理想形でもあったのではないか。

“売る”という職人芸を社員と顧客に捧げる ジャパネットたかた社長 高田明~その3

――に近いのではないかと感じているので。


 それでもそれなりに大きな企業にはなれるのだし。できればこういう方向でいって欲しいな、と。

 まあ、無関係なひとの勝手な希望ではありますが。


追記

 あ、ひょっとして梅田さんに誤解させてしまったのかな。書き方が悪くてすみません。

 はてなが早期にexitするのではないかと心配しているのではなくて、「永久にexitしないといいんじゃないの?」という話です。

 ……これはこれで梅田さんが来たから株式公開すると考えたように読めちゃうか。うーん。別に梅田さんが来なくてもそういう方向性はありえただろうし、そういう意味では梅田さんが参画したから何かが変わると思っているわけじゃないんだけれど。


さらに追記

 あ、ここにも自意識過剰なお仲間が(笑)。

 僕もmiamotoさんと似たような感想を持っていて、梅田さんの参画によってもうちょっと会社化されればいいんじゃないのかな、と思う。

 以前いた会社がまさにサークルの延長で運営されていて破綻していく様を見ていたから、どうしてもそれを思い出してしまうんですよ。


ついでに、はてなの拡大化について

 拡大化するときには大きな変革が必要で、例えばコミックマーケット岩田次夫氏が行なったような役割を梅田さんが担うのかもしれません。歴史に倣うなら梅田さんは一部の人から猛反発されそうではありますが、それでもそれをやるだけの価値はあるんじゃないかと思います。

umedamochioumedamochio2005/03/31 08:50いえいえ、本エントリーに反応して書いたんじゃないからご心配なく。

tomotomo2005/04/01 12:36TBありがとうございました・・・って書こうと思ったんですが。ココのコメント欄みて冷や汗。んじゃ、やっぱり私・・・か。なんというか、その、ものすごい勢いで気まずいです。

asakura-tasakura-t2005/04/01 13:00内容的には僕が書いたもののほうがアレだと思うので、tomoさんのことでもないんじゃないのかなぁ。

umedamochioumedamochio2005/04/02 02:04お二人ともどうぞご心配なく。

asakura-tasakura-t2005/04/02 02:25あ、僕は特に気にしてないですよ。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20050329

2005-03-22(Tue)

もうロングテイルで書くことはないかと思っていたけれど、

|  もうロングテイルで書くことはないかと思っていたけれど、 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  もうロングテイルで書くことはないかと思っていたけれど、 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 ひできさんからf(x)についてコメントがあったので確認してみました。

 あー、f(x) = x^{-a}で計算するほうが良いですか。これだとx=0の時に発散しちゃうので――と思ってたのですが*1、定積分なので\int_1^\infty x^{-a}dxで計算すればいいですね。

 んでもaを求めるのが面倒だなぁと思ったら、EXCELの表もあって至れり尽くせりです(笑)。


 というわけで、f(x) = x^{-0.8}の時の\int_1^n f(x)dx = 4\int_n^{5n} f(x)dxについて解いてみれば概要が分かりそうです。


(そのうち計算して結果を書く、予定)


それはそれとして、

 リンク先で触れられていた「新ネットワーク思考」は面白そうですね。

 そのうち読んでみよう……。

*1:なので1/(x^2+1)とか面倒な式を書いていたのですよ。とほほ。

ひできひでき2005/03/22 22:55バラバシは、なかなかですよ。おすすめです。あ、トラックバックありがとうございます。

2005-03-17(Thu)

マスとニッチとコストのお話。

|  マスとニッチとコストのお話。 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  マスとニッチとコストのお話。 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 デジモノさんの記事がおかしいと思ったので、ちょっとコメントしておく。

 前提として

しかしもし、

 ノードは増えず、コネクションだけが増え続けるネットワーク

を想定したらどうなるでしょう?

とある。「ノードの総数が変わらない」という前提は別にいいんだけれど、それぞれのノードにはライフサイクルがあって、消滅したり増えたりといったことが起こるという視点が抜けているのは問題があるんじゃないの? と思う。

 あと、サイト(供給側)と利用者(需要側)の視点がまざっているのも微妙。


 そもそも接続コストはマスのほうが小さくニッチのほうが大きいんですよ*1。それを無視するのはいかがなものかと。

 利用者がコネクションに対して支払えるコストは一定だから、あるニッチに対して大きなコストを支払ったら、残りの部分はコストの低いマスに依存するようになるでしょう。なので、ニッチに対するコネクションが増えると、それに応じてマスに対するコネクションも飛躍的に増えるんじゃないの? というのが僕の感想。*2

*1:これはニッチとマスのライフサイクルの長さからも言えるし、それ以外の点でもニッチのほうがコストが高くてマスのほうがコストが低い。

*2:そういや、それを実証するようなデータが日経ビズテックにも載って気がする。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20050317

2005-03-13(Sun)

ロングテイル論のもうひとつの視点

|  ロングテイル論のもうひとつの視点 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  ロングテイル論のもうひとつの視点 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

続き

 というわけで、まずはf(x) = e^{-x}の場合について考えてみます。

 この場合F(x) = e^{-x}となりますので、

F(n) - F(0) = 4(F(5n) - F(n))


e^{-n} - e^{-0} = 4(e^{-5n} - e^{-n})

を満たすnを求めることになります。

 これを計算すると、nは約1.608になり、\int_0^n f(x)dxは約0.7997となります。

 ロングテイルの部分にあたるのは\int_n^m f(x)dxと定義しましたが、この時のm = ∞とした場合でも\int_{1.608}^{\infty} f(x)dxは約0.2003にしかなりません。*1


 ――と、この辺まで書いているときにデジモノさんからのトラックバックとそれに関する梅田さんの記事を読んで、ロングテイル論にはもうひとつの視点があるのに気付きました。

 それは

大きいほうから集積したものと同じ量を、小さいほうから集積して集めることができる。

ということです。式で表すと、

\int_o^n f(x)dx = \int_k^{\infty} f(x)dx

が成り立つってことです。

 「同じこと言ってるんじゃないの?」とか思われるかもしれませんが、k < nである可能性がある点で、前の考察とは異なります。

 実際、上記の式を満たすkは約0.2235となり、nの約1.608より小さくなります。


 さて、これが何を意味するかというと、「ロングテイルをかき集めてなんとかなると言っても、実際には相当部分ロングテイルじゃない部分も必要だ」ってことでしょう。しかも重複している部分が相当な割合を占めてる。

 「しっぽだけじゃ駄目だ」っていう(ロングテイル論の信奉者にとってたぶん)つまらない結論になりますけど、個人的にはこれならアリかと思いました*2

 まあだって、GoogleだってAmazonだって、ロングテイルだけで存在してる訳じゃないですからね。

*1:あ、添字は上と下ひっくり返しておかないと駄目か。まあでも別にいいよね、同じことだし。

*2:ので、面倒だったので2.と3.の計算はやめました。たぶん2.だとロングテイルだけじゃだめで3.なら可能性がある、という結果になったんじゃないかと。ま、1/(x+1)で成立しても現実味はイマイチなさそうですけど。

ひできひでき2005/03/22 18:04こんにちわ。↓あたりで示されたべき乗則の近似かと信じておりました。いかがでしょうか?
http://hidekih.cocolog-nifty.com/hpo/2004/10/lanchesters_law.html#c1

ひできひでき2005/03/22 19:52こんなん作ってみました。
http://homepage2.nifty.com/hhirayama/long-tail050322.xls
100では実際には全然すくなすぎますが、たとえamazonであっても在庫は有限だと思います。

2005-03-11(Fri)

2対8の法則を数式で表すと、

|  2対8の法則を数式で表すと、 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  2対8の法則を数式で表すと、 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

\int_0^n f(x)dx = 4\int_n^{5n} f(x)dx


\[F(x)\]_0^n = 4\[F(x)\]_n^{5n}


F(n) - F(0) = 4(F(5n) - F(n))

となる。あとはf(x)を適当に決めればこのnを求めることができるし、ロングテイルのしっぽ\int_n^{m} f(x)dx\int_0^n f(x)dxを超えるかどうかが分かる、と思う。

 じゃあf(x)として適当なのはなんなのよ? というのはおそらく専門家の人が示すんでしょうけど。よくみかけるグラフをみる限りでは、

1. f(x) = e^{-x}

2. f(x) = 1/(x^2+1)

3. f(x) = 1/(x+1)

あたりが候補になるんじゃないの? と思うので、ここから予測することくらいはできるんじゃないのかな、と。


続く


余談というか補足というか

|  余談というか補足というか - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  余談というか補足というか - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 僕の考え方は、「いままでに発見されている基本法則は、原則として変わらない」というものです。たとえ相対性理論が発見されたとしてもニュートン力学は変わらない、とかそういう感じで。今までに発見されていた法則が新しい法則の特殊解である可能性は高いかもしれませんけどね。


 まあそんな感じなので、ロングテイル論がパレートの法則(あるいはベキ法則)を維持したうえでのお話であれば「なるほどね」と素直に思えたのですが、その法則が成り立たないとか言われるととりあえず眉に唾をつけて話を聞くのが正道だろう、と。

 なので、既存の法則を特に否定しない「しっぽをかき集めればそこそこの価値がある」ってのは気になりません。

 あるいは「集め方を変更することで今までの見方だと価値が違って見えるよ。ただし変更に伴って見方を変えればやっぱり今までの法則が成り立つよ」っていう話であればいいんですけどね。前に「売れた結果をソートし直したらやっぱりパレートの法則に従うんじゃないの?」と言ったのは、そういう視点からです。


 もちろん、パレートの法則はただの特殊解に過ぎなくて、より一般的な法則で書き換えられるってのもアリです。ただ、パレートの法則の一般解はベキ法則っぽいので、それだとますますロングテイル論の半分はうさんくささが増すわけですけど。


 それはそれとして。

 梅田さんから論文を示していただいて嬉しい反面、「英語はやだなぁ」という理由で某大学に行った人間にはちょっとつらい。少なくとも高等学校程度の数学*1について考えるよりあの英文を読むほうが難しいです(苦笑)。

*1:あの積分ね。続きを書くために高校の時に使った参考書をひっくり返すはめに。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20050311

2005-03-10(Thu)

ロングテイル論の2つの要素

|  ロングテイル論の2つの要素 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  ロングテイル論の2つの要素 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 梅田さんの説明を読んでもやっぱり微妙に違和感が残ったので、ちょっと理由を考えてみた。


 ロングテイル論の要点が

マクロに見たときに、「マスの集積」よりも「ニッチの集積」のほうが市場が大きく、ネット事業ではリアル世界とのコスト構造の違いから、その「ニッチの集積」を効率よく追求可能になった、ということを論じているものだ。

だとしたとき、これを数式であらわすと

1. 市場の大きさが\int_0^n f(x)dxから\int_0^m f(x)dxになって、\int_n^m f(x)dxの分増えた(ただし、n < m)

2. \int_0^n f(x)dx  <  \int_n^m f(x)dxである

ということになると思う。

 1.は『「ニッチの集積」を効率よく追求可能になった』ことを示し、それがnからmへの増分です。これについて異論はありません。

 2.は『「マスの集積」よりも「ニッチの集積」のほうが市場が大き』いことを示しますが、僕はここがおかしいと思っているのです。ここの証明も読んだことがないですしね*1


 というわけで、僕はロングテイル論の「ニッチを集積することが可能になった」ことについては認めるしその価値も分かる。これは要するに\int_n^m f(x)dxが市場として成り立つくらいには大きいって話でしょう。

 でも「ニッチの集積がマスの集積よりも大きい」のは本当なの? と思っているのです。どうもここはマーケティング的な煽り、つまり僕が「うさんくさく」感じる部分になります。


続く

*1:否定する証明はできそうだけど、数学はすっかり忘れてるんでそこを思い出さないとなんとも……。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20050310

2005-03-09(Wed)

ロングテイル論のうさんくささ

|  ロングテイル論のうさんくささ - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  ロングテイル論のうさんくささ - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 ロングテイルっておおざっぱには今まで氷山の一角しか認識できなかったけど、ネットのおかげで海の下も認識できるようになったなぁ、という話……だよね。たぶん。

 海面下の大きな部分が見えるようになったけど、その価値は今まで見えていた部分の1/5以下、というのがパレートの法則。

 でもよく見かけるロングテイル論では氷山と同様に、海面下のものも同等の価値があるように言っている、気がする。ここがロングテイル論の気持ち悪いところ。


 ネットのおかげで見えなかった部分が見えるようになって、氷山の一角を構成するモノが今までとは変わる、っていうんなら分かる。たとえば、

売れないはずの80%の製品が、今や売れるようになってきているのだ。特にこの傾向は、倉庫に在庫を持つ必要のないデジタルコンテンツで顕著になりつつある。

「長いしっぽ」が世界に革命を起こす

に書かれているように、ネットのおかげでニッチが売れるようになってきた、という話まではいい。

 でも、売れた結果をソートし直したらやっぱりパレートの法則に従うんじゃないの? というのが僕の疑問。この疑問に対する回答を見たことがないので、どうにもうさんくさいマーケティング用語にしか見えないんだよね。


 個人的には

2000年3月10日からさらに5年前(つまり今から10年前)といえば、インターネット・ブームが始まった時期であるが、その頃しきりに言われていたのは、「インターネットの世界は超巨大な存在と個に限りなく近い極小の存在とに二極分化していくはず」ということだった。

3/10/2000から既に5年が・・・

という考えのほうがしっくりくる。パレートの法則以上に格差ができる、つまりベキ分布に従うようになるのがネットの世界ではないか、と。

 あるいは、膨大にあるニッチの中にあるものがいったん価値を持てば一気にマスに登りつめる、つまり再編成が起こりやすいのがネットのキモだと思っていた。


 なので、ロングテイル論のキモが

  1. マスからニッチへのシフト。
  2. 供給過多経済――要するに商品棚がいつも商品であふれているという状態で何が起きるか。
  3. 数多くの小さなマーケットが集まると、巨大市場に成り得るということ。
「長いしっぽ」が世界に革命を起こす

だとすれば、それはどうにも実現するような気がしないのです。

2005-03-04(Fri)

PHPがバグってるんですが。

|  PHPがバグってるんですが。 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  PHPがバグってるんですが。 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 overload()とか使ってるのが悪いですか?

 それともstrftime()がリファレンスで値を返したりしてるのですか?

$obj->begin = $begin?
    strftime('%Y-%m-%d %H:%M:%S', strtotime($begin)):
    NULL;

だとダメで

$begin = $begin? 
    strftime('%Y-%m-%d %H:%M:%S', strtotime($begin)):
    NULL;
$obj->begin = $begin;

だと動くってどういうことよ?

 勘弁してください……。

続きを読む

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20050304

2005-03-02(Wed)

Class::DBI::View::Havingにパッチ再び

|  Class::DBI::View::Havingにパッチ再び - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  Class::DBI::View::Havingにパッチ再び - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 searchが使えなくてびっくり。

 昨日はAbstractSearchのsearch_whereを使ってたので気がつきませんでした。。。

続きを読む

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20050302

2005-03-01(Tue)

Class::DBI::View::HavingとClass::DBI::Plugin::Iterator

|  Class::DBI::View::HavingとClass::DBI::Plugin::Iterator - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  Class::DBI::View::HavingとClass::DBI::Plugin::Iterator - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 併用するとうまく動きませんでした。

 調べてみると、Class::DBI::View::Havingに下記のパッチをあてると問題ない模様。

 ついでにClass::DBI::Plugin::Iteratorも微調整

続きを読む

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20050301
2004 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 05 | 07 |
2014 | 01 | 02 |
2016 | 01 |
2017 | 01 | 05 |
Error : RSSが取得できませんでした。