Hatena::Groupasakura

浅倉卓司@blog風味? このページをアンテナに追加 RSSフィード

Error : RSSが取得できませんでした。

2010-05-29(Sat)

電子ブックにまつわる雑感(5月期)

| 電子ブックにまつわる雑感(5月期) - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク 電子ブックにまつわる雑感(5月期) - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

――を書こうと思ったけど、5月はネットをチェックしてる時間がなかったので、誰か5月のネタをまとめてる人がいたら教えて欲しいところ。


 最大のネタは京極夏彦さんの新刊だったかなと思うのですが、値段設定的には「文庫の先行発売」って感じですよね。電子版は部数もそんなに出ないでしょうし、文庫の同時販売でもいいんじゃないでしょうか。

(その点で新作が文庫でリリースされているラノベとかは厳しいですよね。あるいは最初から安価な漫画も)


 個人的には「ケータイ版は劣化版だからさらに安い」「分割販売」という点はよいと思いました。

 特にケータイ向けに分割して販売単価を100円にするのはアリだと思います。トータルで紙よりそんなに安価にならなくても、「100円」で売ることは結構重要じゃないでしょうかね?

(ケータイじゃなくて電子書籍でもそういう売り方はアリでしょう。連載漫画ならを60ページ前後で100円にするのもアリかもしれない)


『Kindleショック』はタイトルが悪いけど、中身は悪くなかったですよ。

| 22:03 |  『Kindleショック』はタイトルが悪いけど、中身は悪くなかったですよ。 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  『Kindleショック』はタイトルが悪いけど、中身は悪くなかったですよ。 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 d:id:masaysさんの新刊を見かけたんで買おうと思ったら『Kindleショック』などというかなりダメそうなタイトルでげんなりしたのですが*1、中身はちゃんとしてました。

 たぶんネット上にあふれるiPad論やKindle論なんかよりは今後の展開をちゃんと考えていて、参考になると思います。

 ツッコミ処も結構あるけれど(というか、そのうちツッコミたいと思うけれど)、最低限この本に書かれてることくらいはちゃんと認識しておくべきだと思いました。

*1:副題の「インタークラウド時代の夜明け」ってのもかなりダメそうだし。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20100529

2010-05-11(Tue)

『創』2010年6月号を買ったよ。例年より1ヶ月遅れの漫画特集号でした。

| 『創』2010年6月号を買ったよ。例年より1ヶ月遅れの漫画特集号でした。 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク 『創』2010年6月号を買ったよ。例年より1ヶ月遅れの漫画特集号でした。 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 かなり端折って書きますので、詳細が気になった方は購入されてはいかがでしょうか。

(下記には書きませんが、表現規制の件も多少載っています)


 というわけで、まずは先日書いた与太話の訂正です。

  • 10年前のCDの売上は漫画より大きかったけれど、今は漫画の半分以下
電子書籍にまつわる与太話 - 浅倉卓司@blog風味? - ひとりでもグループ

――と書きましたが、2009年の漫画(書籍・雑誌)の売上は約4,200億円とのことですので、「半分以下」ってのは間違いでした。

 また、漫画の10年前の売上は約5,400億円程度だったみたいので「現状は配信分の売上が伸びている」って部分も間違いになります(2割減くらい。ちなみに、8年連続のマイナスだそうです)。

(ソースは『創』2010年6月号p.28)


 漫画は雑誌の売れ行きが落ちてるのが厳しい印象です。おかげで新作はなかなか売れないし、売れるのはメディア展開した作品ばかり――みたいな感じになっているように見えます。

 露出を増やすために各社ウェブ展開を頑張っているようですが、まだまだ成果はないみたいですし。



 ケータイ漫画の売上が載ってるかな? と思って期待していたのですが、予想が載ってただけでした。2009年の売上予想は全体で500億円、漫画(ケータイ・PC)のみで400億円の予想だそうで、2008年からあまり伸びていない見込みのようでした。

(ソースは『創』2010年6月号p.42)

 これはキャリアの規制(フィルタリング強化)があったから、みたいです――まあ、Appleじゃなくてもこういうことはあるわけです。


 ケータイ向けのエロ漫画をどれくらいと予想しているかは人によるとは思いますが、講談社や集英社では売上トップ10の作品タイトルを見ると「青年・少年向け」「女性・少女向け」でほぼ半々です。「青年・少年向け」のタイトルからすると「エロ漫画」はないです*1。「女性・少女向け」はタイトルからして「エロ漫画かな?」と思えるものもありますが、全部ではありません。仮に「女性・少女向け」全部をエロ漫画と仮定しても半分程度のように見えます――少なくともメジャー出版社は。

 また、紙媒体では「女性・少女向け」作品が上位にほとんどありませんから、先日書いたように書店の売上と比べると女性向けのシェアの大きさが際立ちます*2

 ちなみにキャリアの規制で『ToLOVEる』が引っかかり、公式サイトにフィルタリングがかかっていたそうです。恐ろしいですね。

(ソースは『創』2010年6月号pp.44-47)


 そうそう、「ケータイ向けはエロ漫画ばかり」との印象があるのはたぶんアフィリエイトのためですが、これは「アダルト系サイトに広告を載せて電子書店に呼び込むと結構売れた」からのようです。今はキャリアから「アダルト系サイトに広告を貼るのはNG」みたいな通告が出ていて、それらは減っているようです*3

 詳しくない人のために念のために説明しておくと、ケータイサイトにある「エロ漫画」は成年マーク付きみたいな感じじゃないですし、紙媒体のものに比べてもかなり修正が入っているらしいです。台詞の「セックス」や「体液表現」を消すように言われたりしてるそうな。

(ソースは『創』2010年6月号pp.44-47)


 ――ってな感じで。

 読み間違いもあると思うので、できれば『創』2010年6月号を確認してくださいな。

*1:が、『ToLOVEる』『いちご100%』が上位にきていたりします。

*2:ちなみに双葉社では7割が女性読者とのこと。

*3:なので、アダルト系以外に積極的に出稿しているのかもしれません。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20100511

2010-05-08(Sat)

電子書籍にまつわる与太話

|  電子書籍にまつわる与太話 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  電子書籍にまつわる与太話 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 「ケータイのエロ漫画の売上ってどれくらいよ?」と思っていたわけですが、とりあえずケータイ漫画の売上がどれくらいかはなんとなく分かりました。

ただし、金額的には日本の電子書籍市場のほうが大きく、約464億円('08年度、インプレスR&D調べ)となっている。

 その大半は携帯電話向けのマンガ配信によるもので、全体の7割を占める。

本と本屋がなくなる日() | 現代ビジネス | 講談社(2/5)

 さすがに根拠なく「7割」とか書いていないだろうから*1、ケータイ漫画は324.8億円程度。ケータイ電子書籍の売上は402億円なので、77.2億円が漫画以外の売上になる。

(そういや写真集みたいなのが売れてるとか噂があったけど、どこで見たんだっけなぁ)

 ちなみにPC向けは62億円で、近年は減少気味とのこと。


 そうそう、よく比較される音楽配信ですが、最新の情報によると、

  • 配信は909億円(うちPCは100億円程度?)
  • CDは2,460億円

――だそうで(個人的にはレンタルの売上も一緒に並べて欲しいところですけれど)。


 出版と比べてみると、

  • 10年前のCDの売上は漫画より大きかったけれど、今は漫画の半分以下*2
  • 配信は音楽が出版の2倍くらい。ケータイ/PCの比率もほぼ同じくらい?*3
  • 音楽の配信はCDの36%程度(ケータイのみだと32%程度?)。ケータイ漫画の配信は紙媒体の6.5%程度(PCの売上が全て漫画だとして7.7%程度)。

――らしい。


 つまり、出版社(漫画出版社)から見た場合、現状は配信分の売上が伸びているってのが音楽配信と違うところなわけです。以前に比べて出版社が慎重ながらも配信に積極的なのは、ケータイでの成功が大きいんじゃないかな? と思っています。

 それに対して「紙媒体がなくなる!」とか主張すれば出版社のやる気が失せるのは当然なわけで、電子ブック配信を望んでいる人がそんなことを言うのは間抜けだなと思います*4。出版社にやる気を出させるには「ケータイ同様に新しい市場ができるよ!」と言うべきでしょう。


 そういえば「電子ブックはいろんなことができるよ」というマルチメディアとかニューメディアの時に聞いたような事を言う人がいますが、過去を振り返っても流行りそうな気が全くしないのですが。そろそろそんなモノは求められてないってことを学習して欲しい。

 それから「それはウェブでよくね?」とツッコミたくなるような電子ブックを求めている方々がいますけれど、そういうのは出版社じゃなくてウェブでそういうのを作っているトコに主張すべきでしょう。というか、なんで出版社にだけ電子出版を求めるのかな? ウェブ系の会社が出版事業に進出する足がかりとして電子出版を期待するのが筋だと思うのだけれど。そういう主張はほとんど見かけないという。

(「既得権益脳の恐怖」とでも言うべきかな。なんでもかんでも「既得権益」を基準にしか考えられない恐ろしい病)


 「紙媒体がなくなるよ!」と主張してる方々は未だにCDが配信の2倍以上売上があるのはどう思っているんだろうか。ついでにゲームや映像のパッケージと配信がどれくらい売れてるのか(映像はレンタルの売上も調べるべき)、あるいは最も配信と相性がよさそうなPCソフトのパッケージと配信の売上比率がどれくらいなのか、是非とも調べたうえで主張して欲しいものです。

(普通に考えれば再生機器が不要な紙媒体が最後まで残るはずですしね)

*1:根拠なかったらどうしよう。

*2:漫画はやや増加してたはず。

*3:出版のほうがややPC率が高い

*4:陰謀論からすれば「紙媒体がなくなる!」と声高に叫んでいる人は、出版社が電子ブックの配信に積極的になって欲しくない人に違いありません。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20100508
2004 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 05 | 07 |
2014 | 01 | 02 |
2016 | 01 |
2017 | 01 | 05 |