Hatena::Groupasakura

浅倉卓司@blog風味? このページをアンテナに追加 RSSフィード

Error : RSSが取得できませんでした。

2010-06-15(Tue)

「生中継」ってそんなに価値があるの?

|  「生中継」ってそんなに価値があるの? - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  「生中継」ってそんなに価値があるの? - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 僕はそもそも「生中継(LIVE放送)」は余計な時間をとられて嫌いだったりするので、「生中継」に拘ってる方々の心情はイマイチ分からないのですけれど。


 お祭り騒ぎをするために「同期」的なものが欲しいというのはまあ分からなくもないのですが、んでもテレビは同期的でないと思うんですよね。たとえそれが「生中継」であっても。


 それにテレビで生中継なんて普段からほとんどないすしね。目立つのはスポーツくらいかな*1

 「生番組」であっても基本は録画素材だったりしますし。あるいは局でコントロールできる範囲のスタジオものか、ロケでもリハができる範囲のもの(=生放送である必要がないもの)でしょ。


 テレビ放映の価値が即時性なんかじゃなくて、多くの人が受動的に知る事ができるため「共通知識」になるってことでしょう。

 だから、はやぶさの帰還を「生中継しないこと」ではなく「報道の量が少ないこと」に対して文句があるのなら分かるけれど*2、「生中継しない」のに文句があるのが不思議でしょうがないのです。

(今はインフラが整ってネットで生中継してもなんとかなってよかったね――とは言い難いところがなんですが)


追記(2010-06-20)

b:id:mohno [浅倉卓司, テレビ] 生中継には価値ありますよ。それ以上早くは絶対見られない:-) スペースシャトルの初帰還とか、搭乗員が出てくるのを待って深夜4時頃(うろ覚え)まで見てましたもん。放送時間内に出てこなかったけど;_; [2010/06/17]

 速報性(即時性)もテレビに求めるようなものじゃない気がしています。

 それこそネットが得意とするもの――というのがネット世間での認識だったんじゃないでしょうか(違うかな?)。ネットなら「放送時間内に出てこない」なんてこともないでしょうし。


 ただまあ、即時性が得意なネットはまだまだ同時配信に弱くて、(テレビからすれば)ごく少数の人が見たいものを同時に見るのにも苦労してるのが残念だと思いますけれど。

 それが理由でテレビに生中継を求めたんだとすれば、「ネット大勝利」じゃなくて「ネット大敗北」だと思いますけどね。

(僕はテレビで中継しなくてもネットで中継できるようになったから「昔よりネットが整備されててよかったねぇ」と思っていたのですが。3年前のインフラならもっと大変でしたでしょうし――ただまあ、3年前だとこんなに興味持たれてなくて、楽に見れた可能性もありますが)

*1:あとは天気情報か。

*2:個人的には予想以上に報道されてた印象だけど、「いや、もっと報道すべき」という主張があっても不思議には思わない。

mohnomohno2010/06/25 22:03こちらにコメントしますね。

同時多数を対象にした速報性って、まさにテレビが威力を発揮するところでしょう。ワールドカップに燃えている人たちを見ると、特にそう思います。そこはまあ、他人事ですけど^_^;

> 「ネット大敗北」

もちろん、元から、そうですよ:-)
→ http://blogs.itmedia.co.jp/mohno/2008/01/post-9924.html

asakura-tasakura-t2010/06/26 18:34 テレビで重要なのは「同時多数を対象」にすることであって、速報性は二の次な気がしています(一応技術的に生中継はできるけど、あまりやりたくないというか)。
 実際生中継してるのはスポーツくらいに見えますし。
(スポーツは事前にスケジュールが決まってるので中継しやすいのかもしれません。あと、スポーツにはスポンサーが付きやすいからかも)

 ネット中継は大野さんの記事から2年経ってもまだまだ改善されてない、って感じでしょうか。
(IPマルチキャストがまだイマイチなのかな? それともマルチキャストでは改善できないのかな? そのあたりは詳しくないので……)

mohnomohno2010/06/26 20:37IPマルチキャストというのは、たとえばフレッツ光の「ひかりTV」ですから、いわゆる“ネット動画”とは別モノと思っています。そして、その違いからいうと、むしろインターネット(というかWeb)こそが“蓄積したものを配信する技術”だと思うんですよね。テレビの場合、「映画がいいところなのに、当選確実なんか出すなよ」というくらい速報性は重要なものだと思います。

むしろ問題は「“はやぶさ”のライブが、そんなに求められていたのか」という(個別の)ことだと思います。ネット中継で10万人見たというのが本当なら、テレビで放送していたらもっと視聴者は多くなったと思うんですよね。ただ、この盛り上がりは結果論であって、事前に予測して生放送番組としてプログラムに組み込めたかというと、それも難しいとは思います。それなりの機材を運んで、色々調整しないといけないわけですからね。

asakura-tasakura-t2010/06/27 10:33 速報がテレビのテロップで充分なのであれば、それこそtwitterなりで充分ということだと思っています。

 「はやぶさ」に関しては、オーストラリアに行った人の少なさから、やはりそれほど需要はなかったと思っています。
 少なくとも事前に需要があるようには見えなかったし、それに対してスポンサーがお金を出そうとも思っていなかったという事でしょう。仮にPPVで生中継があったとして、それを利用した人が多かったようにはあまり思えません(これは検証のしようがないですけれど)。

mohnomohno2010/06/27 17:41まあ、とりあえず「生中継してほしい」という(個人的な)“意見”を言うこと自体はなんら問題ないと思いますよ。そういう声が集まれば、将来テレビの編成だって考えるかもしれませんし。「生中継しないテレビはバカ」と(客観的な事実であるがごとく)言うと、それは色々根拠を示せよ、って話になりますけどね。

asakura-tasakura-t2010/06/28 22:26 意見の表明を否定してるつもりはありませんです(そのように読めたらすみませんでした)。
 ただ、本当に生中継を望んでいたのだとしたら、もっと前からそういう活動をしていればよかったのに、とは思いましたけれど(それこそ何年も前から分かっていたわけですし)。

 僕は「そもそもみんな本当に生中継を望んでいるの?(実は録画でも問題はなかったんじゃないの?)」という疑問と、「テレビはそもそも生中継はほとんどしていないし、それを望むのは通常の番組より難しいかもね」という話がしたかったのでした。

mohnomohno2010/07/02 23:33> もっと前からそういう活動をしていればよかったのに

ああ、なるほど。まあ、はやぶさがちゃんと帰ってくるって、半信半疑だった人も多いんじゃないかという気はします。というか私がそうなんですが^_^; 新聞に載った写真を撮ったカメラマンの人とか、大きな賭けだったのではないかと。

あと、今回は(あまり採算にこだわらないですむ)NHK への期待という面もあったかな、という気はします。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20100615

2010-06-13(Sun)

日本人は入力系がお好き?

|  日本人は入力系がお好き? - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  日本人は入力系がお好き? - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 「ガジェット=アカウントネット系」につらつらと考えていた時にふと、「日本人は入力するのが好きよね」とかちょっと思った。

 カメラ(スチル/ビデオ)もそうだし、ビデオも録画機が中心で再生専用はあんまり人気がないみたいですし。ゲーム機も入力が重要だし。ケータイも入力が重要なように見えるし。

 ――という前提で、iPadが日本で流行るかどうかは、単なるプレイヤーとみなされるか、それともタッチパッドの入力機器とみなされるかで変わるかもね、とかちょっと思ったのでした。

(その意味で個人的にはE3で発表されるであろう任天堂やSCEの携帯ゲーム機が気になっているのですけれど)


 ただまあ、入力機器でないデジタルフォトフレームが最近流行り始めたとか聞くと*1、傾向も変わってるのかもしれませんが。

*1:あれは出力しかしないから日本では流行らんだろうと思ってた。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20100613

2010-06-08(Tue)

「デバイス=クラウド系」も主流になるの?

|  「デバイス=クラウド系」も主流になるの? - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  「デバイス=クラウド系」も主流になるの? - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 『Kindleショック インタークラウド時代の夜明け』の定義する「デバイス」や「クラウド」は

デバイスとは:

  • (パソコンと違い)自由にソフトウェアを実行できない機器全般

クラウドとは:

  • 特定のデバイスやソフトウェアからのみアクセス可能なネットワーク
    • 同書の中では「スプリンターネット」等とも書かれていた

――となっていました*1

 そして「デバイス=クラウド系」の代表としてKindleiPadiPhoneiTunes)が挙げられていたわけです。


 ところで、上記のような「デバイス=クラウド系」といったらKindleiPadなんかより前からいろいろあるわけですよ。

 一番メジャーなのは「iモード」に代表される携帯電話によるネット接続で、僕が「デバイス=クラウド系も主流になる」という主張に賛同するのはそれらが主流になってるように感じるからです*2

 また、ゲーム機によるネットワークサービス*3も「デバイス=クラウド系」ですし、テレビの「アクトビラ」等もそうでしょう*4

 携帯ネットワークだけではまだ「主流」というほどでないという意見もあるかもしれませんが、それらを足していけば充分「主流」になるんじゃないかな(今後もまだまだ増えるでしょうし)、と思っています*5


 勘違いされそうなので念のために補足しておくと、「デバイス=クラウド系主流」ではなく、「デバイス=クラウド系主流」であって、「パソコン=純インターネット系」とあわせた両輪がこれからのネット社会を作っていくだろう、という主張です。

(詳しくは同書を読んでいただければと)


 ちなみに、同書には携帯電話やゲーム機についてはほとんど何も書かれていません。

 キャッチーにするために省いたんだと予想しますが、はっきり言って片手落ちだと思います。d:id:masaysさんはその辺についてどこかでフォローすべきでしょう。

(ブログの更新が止まっちゃってるくらいなので、期待薄ですが……)


追記(2010-06-11)

 「ガジェット=アカウントネット系」っていうのはどうだろう? とかちょっと思った。

 まあ「ガジェット」は「デバイス」のままでもいいかとは思ったんだけどね。

 「アカウント」はそのまんま「ユーザーと決済の管理」みたいな意味合いです。

*1:読み違っていたらすみません。

*2:日本以外ではまだ主流になっていないとは思いますけれど。

*3PlayStation®NetworkとかXbox LIVEとか。

*4NHKオンデマンドでは「アクトビラ」やCATVでの利用率が意外に高いみたいですし。

*5:とはいえ、現状で成功しているのはiPhone含め「携帯電話」だけであり、携帯電話以外でも普及するのか? という疑問はあるわけですが。いやまあ、僕は増えると思ってるんですけどね。

mohnomohno2010/06/09 22:29こちらでコメントします。

> 「デバイス=クラウド系」の代表としてKindleやiPad/iPhone(iTunes)

そういう定義かもしれない気はしていて、そういう定義であれば、主流になることも否定しません。

というわけで、以下余談です。

『Kindle ショック』を読まずに言うのもなんですが、それだと“クラウド”の定義がやや広過ぎかなと思います(というか Kindle ショックの定義は、あまり一般的ではなさそう)。まあ、“クラウド”ってバズワード化していて、色んな人が色んな定義を与えているので、どういう定義を与えても、まあそれはそれって感じではあるのですが。

Kindle や iPad/iPhone って、今のところただの“ダウンロード販売”ですよね。クラウドに“自分の持ち物”を置いておくって感じではないと思います。アクトビラ(あるいは napster)はクラウドと言ってもよいかな、という気はしますが。世間のクラウドの動きをそこそこ見ていると、「ネットにつながれば何でもクラウド」という風潮には疑問を感じてしまうというわけです。

asakura-tasakura-t2010/06/10 00:36 「クラウド」の定義が広すぎるのは僕の説明不足だと思います(同書ではもっと色々書いてましたし)。
 あるいは僕がイメージしているものが「それクラウドちゃうやん」と言われるようなものかもしれません。
 それもあって別の単語を使おうかとも考えたのですが、いいものが思い浮かばなかったというのが正直なところです。

 Kindleは使った事ないのであれですが、あれは各種デバイスで同期できたりするんじゃなかったでしたっけ?(勘違いならすみません)

2010-06-06(Sun)

「デバイス=クラウド系」から見た電子書籍論とかiPad論とか

|  「デバイス=クラウド系」から見た電子書籍論とかiPad論とか - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  「デバイス=クラウド系」から見た電子書籍論とかiPad論とか - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 d:id:masaysさんの『Kindleショック インタークラウド時代の夜明け』に書かれていたことをザックリと説明すると

今までは「パソコン=純インターネット系」が主流だったけど、これからは「デバイス=クラウド系」も主流になるよ

――って話で、「パソコン=純インターネット系」と「デバイス=クラウド系」の違いや、それぞれの関係性などについていろいろ説明していた感じでした。

 同書についてはいろいろ思うところはあるけれど*1、「デバイス=クラウド系」が主流になるだろうっていうのは正しいんじゃないかなと僕も思います。


 同書を読みながらふと思ったのは、ネット世間で語られている電子書籍論は結局のところ「パソコン=純インターネット系」から見たものばかりであって、「デバイス=クラウド系」から見た議論はほとんどないってことです。今後「デバイス=クラウド系」が主流になるのであれば、そちらから見たものを議論したほうがいい気がするんですけどね。

 例えばDRMの話だとかフォーマットの話は「自由原理主義」である「パソコン=純インターネット系」から見た場合は重要かもしれませんが、制約を前提としている「デバイス=クラウド系」からすればそんなことはどうでもいいわけですよ。それよりも「どういう制約であればビジネスとして成立するか」「どういう制約であれば利用者に分かりやすいか」を考えるべきだと思うのですが、自由原理主義者にとっては「制約を考える」ことは「悪」なのですから、そういう議論はネット世間ではあまり流行りそうにないのが残念です。


 同様に「デバイス=クラウド系」であるiPadについて語られる内容も、現時点での利用者のほとんどが「パソコン=純インターネット系」の人達であるために、そちら側からの(自由原理主義的な)視点ばかりなんですよね。かと思うと、他の「デバイス=クラウド系」に対しては自由原理主義的要望を訴えるのに、何故かAppleに対してはそういう要望を訴えないダブルスタンダードが垣間見えるのが不思議だったりしますけれど。

 AppleiTunesで狙っているものはiモードの再定義だと思ってるんですけれど*2、制約の作り方がiモードとiTunesでは全然違うので、その比較をすると面白いかもしれません。また、エコシステムとしてのiモードにiTunesがどれくらい追いつけるかも気になるところです*3


 そろそろ「iモードの功罪」とか「iモードの栄光と挫折」とかを誰かがまとめるといいんじゃないかと思うのですけれど、ネット世間では「今更iモード?」みたいな風潮ですので、誰も書かないですよね。。。

 個人的には境さんが書くべきと思っているのですが。書かないんでしょうかね?

*1:同書についての感想などはあとで書く予定。

*2:その意味ではiTunesこそが「iモード2.0」かもしれません。

*3:現状ではiモードの圧勝だと思いますし。

2004 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 05 | 07 |
2014 | 01 | 02 |
2016 | 01 |
2017 | 01 | 05 |