Hatena::Groupasakura

浅倉卓司@blog風味? このページをアンテナに追加 RSSフィード

Error : RSSが取得できませんでした。

2011-01-23(Sun)

モノやサービスにお金は払うけど、データにはお金を払わない

| 00:27 | モノやサービスにお金は払うけど、データにはお金を払わない - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク モノやサービスにお金は払うけど、データにはお金を払わない - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

――というネタをまとめようと思ってたけど、まとまらなかったので適当に。


仮説

  • データにはお金を払わない。
  • でも、モノやサービスにだったらお金を払う。
  • 日本では「モノ>サービス」。
  • 米国では(おそらく)「サービス>モノ」。

モノである価値

  • 「電子書籍は紙媒体の半額程度であるべき」という主張があるわけだけど、これは紙の価値を価格の半分程度と見ているわけだ。でも実際の紙の価値(コスト)は1/10程度。
    • だとすれば、紙は実際の5倍の価値を認められている。
    • また、1/10のコスト追加で2倍の価値を認められるのだから、電子版として売るよりは紙媒体売る方がいい、という判断になるのは当然。
  • 電子辞書やナビ(地図)はハードウェア一体型で、ちゃんと売れている。

サービス(およびそのオプション)にお金を払う事例

  • 携帯ゲーム(サービス)のオプションアイテムには払う。
  • コンシューマゲーム(サービス)のDLC(オプション)には払う。
  • iTunesKindleというサービスのオプションとして認識されてるのでは?
    • つまり、「音楽データ」「書籍データ」をダウンロードしているわけではないのではないか? だって他のサービスでは利用できないわけだし。
  • 携帯の着うたも、「音楽データ」のダウンロードではなく、「着うた」サービスのオプションという気持ちなのでは?
    • だから機種変等でオプションが使えなくなっても不満はあまりない。
    • サービスのオプションなのだから、DRMがガチガチでも問題はない。問題になるのはサービスの使い勝手(KindleDRMはガチガチでサービスの向上を実施している)。

データを売る時は、モノに固定するか、サービスのオプションにするか、どちらかにすべき

  • 「データ」を販売しようとすると、(データには価値を認めていないから)「高い」という不満が出る。
    • ついでに、「データ」は「勝手に扱えるべき」と思っている人が多い(価値を認めてないから)。
  • ゆえに単純な「データ」として売るのは筋が悪い。
  • 売るなら「モノ」に入れて売る。
    • 電子書籍ならmicroSDあたりがよいのでは?
  • 日本での価値は「モノ>サービス」なので、microSDなどで売った方が成功する確率が高そう。
    • また、日本ではサービスの価値は低くモノより安価にしないといけないから、サービスとして提供するメリットが少ない。
  • あるいはサービスのオプションとして売るべき。
    • 電子書籍なら「読むサービス」と「そのオプション」と認識されるようにするべき。
    • 相変わらず「端末(モノ)」と「データ」を売ろうとしてるように見えるけど、だとすれば失敗するでしょう。
  • 米国での価値は「サービス>モノ」なので、iTunesやKindlが成功してるのかもしれない。
    • 米国で「漫画を読む」サービスを提供できるならそこそこできるかも?(日本と同じ価格で出しても圧倒的に安価でもあるし)

追記(2011-01-24)

 今回のネタは昨年ずっと考えてたもので、年末にまとめられず、新年にも書けず、面倒になって適当に書き散らしたモノなのに、珍しくコメントが多くてちょっとびっくり。

(ちなみに個人的なポイントは「日本人でもサービスにお金を払うよ。モノに対してほどではないけど」ってあたりだったりします)


K

確かに大幅に安くなると考える傾向にありますよね。米国のKindleが発端ですかね。

実際にはサーバーコストやら書店に置かれなくなるが故の販促費用、電子版でのさまざまなフォーマットに対応するための編集・データチェックがかかってきますからね。そこらへんへの理解も必要でしょうね。

 「データは安い(価値がない)」ってのは昔からだと思います。電子書籍に限った話ではないですので、Kindleの前にiTunesがありますし、まあそれ以前からずっとそうです。

 コストの話は昨年散々書き散らしましたが、「理解されることはないだろうな」ってのが今回の記事の結論でもあります。


d:id:ks1234_1234

すみです。お世話になっております。

(略)

たぶん、「缶コーヒー、着うた、100円ショップ、そのほかもろもろ、その金額が刷り込まれているんじゃないか」と推測です。なぜか、内容の単位を問わず、150円だと通用します。

(略)

 なるほど。携帯コミックが1話50円~100円で提供されてるのは理にかなってるのかもしれませんね。

(僕の端末は対応してないので、実際どの程度なのかは確認してませんけれど)

 それにしても漫画雑誌(のページ単価)は滅茶苦茶安くて、週刊漫画雑誌はそれに輪をかけて安いですからね……。あれを基準に値段を判断されると、そりゃ商売にならないだろうなぁって気がします。


d:id:yuuki-n

紙の価値は1/10程度かもしれないけど、紙媒体を流通させるコストや在庫リスクなどいろいろ考えるとその数倍は行きそうだと思うのだけど、1/10ってのはその辺りも含んだ数字なのですか?

 流通については以前にも書きましたが、現状の配信は紙媒体と同じか紙媒体より高コストです。

(もちろん将来的に変わる可能性がないとは言えませんが、ここ数年のうちに値下がりするようには見えません)

 在庫リスクなどについては、例えば初刷りの50%しか売れなかった場合であれば印刷経費は1/5になるでしょう――が、それでも1/2が印刷経費になるということはないわけです。そしてその場合ですら実際の価値(コスト)の2.5倍の価値があると判断されてるわけですよ。

 逆に増刷がかかるケースもありますので、そのあたりを勘案すれば概ね1/10と考えても差し支えないと思っています。


d:id:mohno

コンテンツだけじゃなく利便性とか保存性とかを加味しつつ「買い」かどうかを判断しているだけで、一概に「モノ>サービス」ってことではないと思いますよ。

たとえば、プレーヤーなしで読める「書籍」は、プレーヤーを必要とする「電子書籍」よりも利便性が高い、という判断もありますよね。

 一概に「モノ>サービス」ではない、というのはそうだと思います。モノにこだわるのは日本くらいで、他はサービス重視かも?という気はしていますし。

 ただまあ、日本に関してはCDやDVDに対して高い値段を払っているように見えますし、「モノ>サービス」である可能性は高いんじゃないのかな、という気はしています。

(グッズ類の売上もその傾向を示していると思いますし)

 いずれにしても「単なるデータにはお金を払ってくれない」ので、データを販売するのは筋が悪いと思っています*1


b:id:axjack データは(媒体に掛かるコストを無視すれば)容易に複製可能、つまり量が無限大なのだから価値は0になるのは需要供給曲線を考えれば自明の理なのでは? [2011/01/23]

 それは違うと思います。「需要と同数を供給可能である」だけであって、需要は無限ではありません(したがって無限に供給することもありません)。

 例えば制作コスト100万円のデータに対する需要が1万の場合は100円で提供可能ですが、需要が100しかなければ1万円で提供せざるを得ません――つまり、「需要が多いデータは安価で提供できるが、需要が少ないデータは高価になる」わけです*2

(実際に販売する場合は需要が確定していないので、こんな簡単な話にはならないわけですけれど)

 ――というわけで、実際には高値で売りたいデータもあるわけですが、データにお金は払ってくれないので「データは売らないほうがいいんじゃないの? 売るならモノにするかサービスのオプションがいいんでないかな」と思ってるわけです。


b:id:tatsunop [business, publishing] コンテンツに限らず無形の物に金を払わない傾向があるかと。サービス・アイデア・イラスト・デザインとか、制作時間コストや技能習得コストは軽視されがち。/ 額が決まってるものが比較的支払われやすい感じかも。 [2011/01/24]

 サービスに対してはお金は支払われてる気がしますよ(僕も意外に思いましたが)。

 僕は実装を伴わないアイデア単体はパブリックドメインでいいじゃんと思ってるくらいなので、あまり価値を認めてません*3――逆に単なるアイデアに価値を主張する人が多すぎると思ってるくらいです。これは無形かどうかとは関係ありません。

 イラストでもモノ(印刷物)ならちゃんとお金を払われてると思います。デザインにしても、「良いデザインのモノ」は高くても売れてますから、お金は払われてるんじゃないでしょうか。

 「額が決まっているもの」=相場については重要だとは思います(というかその点について言いたいことがありますし)。ただまあ、「データの相場」が高くなるような気があまりしないのですよね。。。

(それでも電子書籍を投げ売り価格にしなかったのはよかったとは思っています)


追記(2011-02-01)

b:id:kz78 お金を出して買ったデータにはコピー防止だの独自フォーマットだのがあって使いにくい。ネットからタダで違法に入手したデータは汎用性のある形式でコピーし放題。どっちがユーザーの望むものかは自明。 [2011/01/25]

 このような主張をする人がたまにいますが、「DRMなしなら紙媒体の2倍の価格を払ってもいいよ」と言う人を見たことがありません。また仮にDRMなしで紙媒体と同価格で売ったとしても「高いから買わないよ」と言う人が大多数だと思います。

 逆に、DRMガチガチなiPhone/iPad向けアプリの電子書籍が売れていたり、携帯向けコミックはちゃんと売れてるわけですから、このような主張には全然説得力がないわけですよ。

 ゆえに「モノやサービスにお金は払うけど、データにはお金を払わない」という仮説には真実味があると思っています。

(いずれにしても「不便だから利用しない」「高いから利用しない」べきであって、他者の権利を侵害していい理由にはなりません。おそらく侵害しても問題ないと思うくらい「コンテンツなんかには価値がない」と思ってるんでしょうけれど。対価を払わない泥棒がエラソウな主張をする理由が分かりません


b:id:mikemaneki [生活, 社会] これ、すごいわかるなぁ。本の内容というよりは、本のガワにお金払ってる感じ。私自身も電子書籍に対する不信感みたいなものあるし。 [2011/01/30]

 デジタル媒体に対する不信は強いと思います(あるいは、紙媒体に対する信用は強いと言うべきか)。

 出版状況クロニクル(2011年1月)でも触れていましたが、

電子書籍に関する問題点はデジタル保存の有効性、耐久年数、デジタル媒体の規格の変更によるコストなどだが、彼らはそれを「耐久メディアほどはかないものはない」の章で語り、映画などにおける「一連の記憶媒体」について述べている。フロッピー、カセット、CD-ROMは画期的な耐久メディアのように思われたが、現在では見向きもされず、DVDもいずれお払い箱になるだろう。それらを見るためには古いハードを常に持っている必要がある。しかしそれらはもはや生産されていないから、現実的に無理であることになる。またこれらのハードを機能させるための充分な電力が将来的に確保されていくかどうかはわからない。それに反して紙の本だけはハードなくしても読むことができる。

確かにこれらの指摘はよく実感できる。映画に関して、VHSとベータ、レーザーディスク、DVDとソフトは変化し、VHS、ベータ、LDのソフトは無用の物となり、もはや捨てられてしまったと考えるしかない。DVDもブルーレイにとって代わられ、同じ運命をたどるだろう。それに耐久性の問題については疑問だらけである。電子書籍問題についても、このような視点を持つ必要があるだろう。

別の章で「愚かな者は結論を出したがる」というフローベールの言葉が引かれているが、これは電子書籍に対して向けられているようにも思われる

出版状況クロニクル33 (2011年1月1日〜1月31日) - 出版・読書メモランダム

――という感覚は、多くの人が納得するものだと思われます。

*1:その意味では、データを勝手に使わせないためのDRMは必須になると思っています。

*2:ちなみに生産数をコントロール可能な工業製品もこのような傾向があると思われます。

*3無価値だと思ってるわけでもないのですけれど。

KK2011/01/23 03:12確かに大幅に安くなると考える傾向にありますよね。米国のKindleが発端ですかね。
実際にはサーバーコストやら書店に置かれなくなるが故の販促費用、電子版でのさまざまなフォーマットに対応するための編集・データチェックがかかってきますからね。そこらへんへの理解も必要でしょうね。

ks1234_1234ks1234_12342011/01/23 09:46すみです。お世話になっております。

ひとさまの日記に自分のメモを書くのはよくないですが、
ちと失礼させていただきます。

>日本では「モノ>サービス」

これはたぶん日本の原則でOKだと私も思ってまして、
だから電子辞書は拒否感なく受け入れられた、と。

---------

んで、例の「夢想版」ジャンプ専用BOXについて、
知り合った大学生(ジャンプ毎週買い、単行本も買い、いつも「自動で毎週月曜にジャンプ欲しい」とっていて、コミケにも行く)5人*その友達(こちらはレベル不明)に、何パターンかアンケをとったですよ。

・専用BOXで、他にデータ移せないかわりに安い
・専用PDFでDRMで安い、ただしiTunes/iPod形式
・高いけれど自由度の高い方法
・保存できずに毎週消えるけど、ともかく安い(専用BOX、PC問わず)

で、ラインが見えました。まあサンプル10人くらいで、母数偏ってますが。

1コンテンツ150円です。

150円なら、1週で消えるタイプだろうが、まったく拒否感なし。紙の雑誌250円に対して半額以上であっても拒否感なし。極端な話、「指名買いで連載内1つだけ選んでそれだけ買えるなら、150円で買う」という子が1人いました。

そして、どんなに利便性が高くても、雑誌と同じ250円に近い200円であっても、OKを出すコが1人もいません。「それより、不便でいいから150円」が、私がマーケを取った相手の総論。

たぶん、「缶コーヒー、着うた、100円ショップ、そのほかもろもろ、その金額が刷り込まれているんじゃないか」と推測です。なぜか、内容の単位を問わず、150円だと通用します。

---------

コンテンツが1つ150円なら、プラットフォームの値段や形態には けっこう無頓着です。なので、浅倉さんの「サービスのオプションにする」は けっこうアタリかもしれません。

まあ広告とかあるので雑誌の展開がそれではできないのは私は分かったうえなんですが、結果に驚きました。「雑誌内指名買い」は雑誌の定義が崩壊するのでNGなんですが、ともかく1コンテンツ150円というラインであれば、かなりの提案に対してOKが出るのです。

逆に言うと、単行本であっても150円でないと納得しない感じです。「半額」なのではないのかもしれません。「150円」という感覚、そこなのかもしれません。

(あ、あと、「年間契約で先払いで、150円*52週=7800円、1回で払えるか」はYESでした。これはジャンプというブランドへの信頼感があってのことなので、一般性は分かりません。)


-----------

もっと広いアンケで正確にマーケとって裏づけして、その150円で「足りない部分」の金額をハードウェアで回収できるようにすれば、ギリギリ採算あう方法があるのかもしれません。

とか思ったりしたですよ。

yuuki-nyuuki-n2011/01/23 12:23紙の価値は1/10程度かもしれないけど、紙媒体を流通させるコストや在庫リスクなどいろいろ考えるとその数倍は行きそうだと思うのだけど、1/10ってのはその辺りも含んだ数字なのですか?

mohnomohno2011/01/24 20:06コンテンツだけじゃなく利便性とか保存性とかを加味しつつ「買い」かどうかを判断しているだけで、一概に「モノ>サービス」ってことではないと思いますよ。
たとえば、プレーヤーなしで読める「書籍」は、プレーヤーを必要とする「電子書籍」よりも利便性が高い、という判断もありますよね。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20110123

2011-01-10(Mon)

そろそろJコミについて語っておくか

|  そろそろJコミについて語っておくか - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  そろそろJコミについて語っておくか - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 明日からβ2が始まるので、その前に。


 とはいえ、現状のJコミにはあまり興味がなくて――というのも、現状は赤松さんが集めた作品で展開しているからで、それは想像の範囲内ですから――β2の後でどんな作家さんが集まってどんな作品が提供されるのか、それらがどのように公開されていくのか、実際の閲覧・ダウンロード数がどれくらいになるのかが分かる半年後や1年後にどうなってるかというあたりに興味があるため、今は特に語ることがないのですけれど。


 ただまあ、現状の『ラブひな』のダウンロード数は正直に言えば結構残念だと思ってるんですよ。

 だってあれだけウェブ媒体で取り上げられてて、しかもアニメ化された作品が無料で公開されてるのに、1巻が50万ダウンロードに満たなくて*1、一番ダウンロード数が少ない9巻では15万ダウンロードに満たないわけですよ*2

 単巻15万なら立派な数のような気もしますけれど、『ラブひな』は元々単巻50万部以上売れてたと思いますし*3、現在連載中の『ネギま!』も単巻30万部以上売れてると思いますので*4、それを考えるとちょっともの足りない気もするんですね。

 だって無料でこの程度なのだとしたら、電子書籍を(普通に)販売しても上記部数よりは見込めない可能性が高いわけじゃないですか。もちろん「過去の作品の価値はそんなもの」という判断もありますけれど、それでもあれだけあちこちで告知がされたメジャータイトルでも「これくらい」だったのは残念といいますか*5

 その意味ではマイナーなタイトルが並ぶβ2の推移も多少は気になりますけどね。意外に健闘するのか、それともやっぱりよりダウンロードされないのか。新條まゆ先生はネット有名人ではあるので、期待できるとは思うのですけれど。


 ――という感じで、今後もJコミの動向は気にしていきたいなと思っております。


 そうそう、「クリック保証型なので、規定数に達するまでは作品を引っ込めることができない」という話がありましたが、「規定数を超えた時に追加で作者にお金が支払われるの?」って点が気になってます*6

 まあそのへんについてはβ2の時に説明されそうですけれど。


追記(2011-01-17)

 本日時点での『放課後ウエディング』のダウンロード数は28,401*7。10弱%がクリックしたとして2,500クリック程度*8でしょうか。以前は1クリック30円で計算してましたので、だとすると7万5千円(~12万円?)くらい。

 想定からすると少ない気もしますが、どうなんでしょう。


 ちなみに僕は読切かどうかは関係ない――というより、場合によっては読切のほうがダウンロード・閲覧数が増えるかもと思っていたくらいなので――と思っていたので、この程度しかダウンロード・閲覧されてないと今後の展開が厳しそうな気がしています。

(それにしても有料でも沢山の人に読まれている漫画雑誌はつくづく優秀な媒体だと思います、ほんと)


b:id:ks1234_1234 [電子書籍] んーフリーペーパーにも廃刊はあるしなあ。フリーペーパーの部数実績って、どっかに資料あるかしら。[2011/01/10]

 フリーペーパーの配布数は(雑誌の部数と同様に)広告用の資料として公表されてたはずです。

 どこかで見かけた気もするのですが。。。


b:id:ageha0 [サクヒンビジネス, マンガ] 過去作DLは基本ロングテイルだと思。五十嵐浩一さんの『ペリカンロード』とかそおゆう、リアルタイムでもマイナーだったんだけど好きな人はずっと覚えてる系。絶版と著作権切れの間で埋もれてるのを換金 [2011/01/11]

 このへんどういう感じで権利者に支払われるのか謎なのですが(例えば千クリック単位で支払われるのか?とか)、いずれにしても「あまりお金にはなりそうにないなあ」というのが現状での印象です。

 権利者さんが「お金にならなくても読んでもらいたい」のであれば、Jコミはよいプラットフォームになるかもしれませんけれど。

(それでも現状の電子書籍の売れ行きからすると、Jコミのほうがマシな可能性もありますけど。いずれにしてもお金にはならないっぽい感じに見えます)


b:id:mohno [浅倉卓司, Jコミ, 電子書籍, ビジネス] 「作家さんが集まってどんな作品が提供されるのか」←売れた作品じゃなく、育てるプラットフォームになれるかどうか。「無料でこの程度なのだとしたら、電子書籍を(普通に)販売しても上記部数よりは見込めない」 [2011/01/13]

 「育てるプラットフォーム」というよりは、「リサイクルセンター」になれるかどうかのような気がしています。増刷見込みのなくなった作品でも置かせてもらえばちょっとはお金になるし、何かの切っ掛けでアクセス急増した時に出版社に売り込みやすくなる――みたいな感じで。

 ただまあ、現状だとJコミ読者が相当に少ない印象なので、ちょっと厳しいかなと。毎週数作品がリリースされるようになって、定期的にアクセスする人が相当に増えれば状況も変わるかもしれませんけれど。


追記(2011-01-25)

 『放課後ウエディング』の結果が発表されたのでコメントを。


 52万5千円とのことで、30円/クリックだとすると最低クリック数は17,500になります。

 22日の時点でダウンロード数:36,056+ビューワー閲覧数:23,466でしたので、合計は約6万。広告3カ所のクリック率が全て約10%であれば18,000クリックになりますから、まあそれくらいなのかもしれません。

(邪推をすると、なかなか最低クリック数に達しなかったために発表が遅れたんじゃないのかな? って気もします)


 今回は読切作品でページ数が少なく、52万だと原稿料と同じくらいになるので*9「まあまあよさげ」に見えるけど、連載作品でも同程度の価格だとするとそんなに良い金額ではないように見えます。

(この点については本日公開の『交通事故鑑定人・環倫一郎』の結果発表の時に分かるでしょう)

 もちろんそれでも収入がないよりはいいですし、そもそも電子書籍は全然売れないらしいので電子書籍の印税よりいい可能性が高いんじゃないのかな。


 ちなみに僕が気にしていた

 そうそう、「クリック保証型なので、規定数に達するまでは作品を引っ込めることができない」という話がありましたが、「規定数を超えた時に追加で作者にお金が支払われるの?」って点が気になってます。

――という点については、僕が

現状の書き方を見ると規定数を超えても特にお金は払われないようにも読めますので。

――と推測したとおり、追加の収入はないとのこと。

(雑誌の掲載料(原稿料)と同じだと考えるのがいいのかもしれない)

 ただし「Google様と提携した新型マンガビューワー3」利用分については追加で支払われるみたいなので、そちらは印税のような感じの収入になるのかもしれません――そして電子書籍の売れ行きの悪さからすると、電子書籍の印税よりは期待できる可能性もありそうです。


 参加する作家さんにオススメなのは、とりあえず読切作品を全部登録する(してもらう)ってあたりじゃないでしょうか。特に少年漫画の読切は滅多に単行本にならないため出版社のほうでもNGを出さない(出しにくい)でしょうし、希少価値も高いので読まれる可能性も高そうです*10

(担当編集と険悪にならなければ大昔の原稿を保存してもらえたり、原案が別にいる作品の処理について対応してくれるわけですし――ちなみにこの方は過去の読切を同人誌としてまとめる予定だそうです)

*1:現時点で458,952ダウンロード。

*2:現時点で136,644ダウンロード。それにしてもなんで少ないのが9巻なんだろう……。最初の頃は12巻あたりが少なかったのだけれど。

*3:全14巻で発行部数は1000万部だったとか。

*4:もっと売れてた気もする。過去の日記を探せばどこかで書いてたはずだけど、調べてません……。

*5:電子書籍販売が難しいのは、そもそも告知が難しいからだと思いますし。

*6:現状の書き方を見ると規定数を超えても特にお金は払われないようにも読めますので。

*7:ビューワー閲覧数は20,671。

*8:ビュワー側も含めて4,000クリック程度?

*9:裏を返すと、出版社は普通にこれくらい払ってるわけです。

*10:また、ウェブで読むには読切程度の長さのほうが読みやすい気がしています。

2004 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 05 | 07 |
2014 | 01 | 02 |
2016 | 01 |
2017 | 01 | 05 |