Hatena::Groupasakura

浅倉卓司@blog風味? このページをアンテナに追加 RSSフィード

Error : RSSが取得できませんでした。

2011-02-27(Sun)

電子書籍関連の雑感(2011年2月期)

| 電子書籍関連の雑感(2011年2月期) - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク 電子書籍関連の雑感(2011年2月期) - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 結局過去の繰り返しになってしまい*1特に気になるニュースもなくなったよね――とか思っていたのですが、ITmediaBiz誠で「記事のPDF化」というサービスが始まってました。

 これですよこれ。「電子書籍はウェブと親和性が高い」という主張が真なのであれば、「(紙の)出版社」ではなく「ウェブメディア」が当然やるべきでしょ。そういう報道をさんざんしておいてウェブメディアはやる気ないなーとか思っていたのですが、ようやく動き出したみたいでよかったです。こういうのが話題にならないあたり、「電子書籍は自費出版を煽る方々のモノ」って印象になるんですよね。。。


 でまあいちおう簡単な感想を。

 まだ1本しか読んでませんが*2、微妙にレンダリングがおかしい部分がありました*3。あと、文字間隔のバラツキがちょっと気になります。

 レイアウトは普通の雑誌風になってるので、あまり違和感ないと思います。段組してないのはタブレット端末で読みやすいようにという配慮かもしれません。

 ――とかまあ、ほんのちょっと苦言もありますが期待してます!>ヨシオカ編集長



 ほか、今月はb:id:ks1234_1234さんの電子書籍語りが興味深かったです。こういう話がもっと共通の認識になればいいのに、とか思いました*4。ただまあ、有名にならないとなかなか広まらないですよね。。。


 「Jコミ」については先日書きました。来月は正式公開前の告知色々があるのかな?



追記(biz誠まとめPDFの件、その1)

 biz誠の「まとめPDF」の件ですが、環境依存かもしれません。僕のところ*5ではこのようになるんですね。

f:id:asakura-t:20110228214551p:image

オリジナルサイズ

――とコメントをいただいて「見たらすぐ分かるのに……」と思ったのですが、よく考えればこんな分かりやすいものを放置するわけありませんしね。


追記(biz誠まとめPDFの件、その2)

 というわけで、別記事(スクープを連発しても、週刊誌が売れないワケ)を表示してみたところ、こちらは正しく表示されました。

(→表示画像

 データの作り方に問題があるのかも? とかちょっと思った。パッと見で見出しやコメントの付け方が違うので、外注先(or 担当者)が違う可能性が高そうなので。


追記(2011-03-01)

 d:id:ks1234_1234さんのコメントへの返信です:

「へー、うちのXP Home SP2+Reader Xだとどうだろ」と確認しようと思ったら、会員登録が必要だったので、止めた。めんどい。だって、登録しなくてもWebで読めるもの。無料でもそれだ。有料で成功する気がしないです。

 「アカウント作るのめんどい」という意見は多いですよね。有名どころだと日経BPのサイト(の一部?)で過去記事を読むにはアカウント必須ですし、他にもニコ動やpixivもアカウントが必要で嫌われてる気がします。

 クラブサンデーが始まった時に「今だけ無料」的なアオリがあって、「そのうち有料化するのかな?」「いや、無料でアカウント必須になるんじゃね?」とかいろいろ憶測があったのですが、結局無料公開のままにしたのは正しい判断だったのかもしれません。

(ちなみにクラブサンデーでは最近ようやく広告を入れるようになりました)

 僕はあんまり気にせずガンガンアカウント作るので気にならないほうです*6


「*4:僕も似たようなことを常々思っているので。」

というか、あれ、asakura-tさんとworrisさんをメインとした私の観測範囲での、まああとsilveramoiさんとかatohさんとか、そのへんの集大成にすぎないんですやね。

最初に書いたときには そのへんのお名前も付いてたんですが、ミスで1回全文消しちゃいまして、萎えて。次の抄訳かいたとき、クレジット忘れました。し、そもそもクレジット入れる=「相手にも責任があるかもしれない」ので、なんつーか「参考文献」紹介ですね。そのうち気が向いたら手直しします。誤変換いっぱいだし。

 ああいう意見はまだまだ一般的でないので、似たような意見の人は「何度も同じこと書いてるなぁ」と思いつつも、何度も書いていくのがいいのかもしれません。

 似たようなことを思ってる人は意外に結構いそうに見えるのですが(それこそヨシオカ編集長とか)、なかなか表に出てない気もしますし。

*1:マルチメディア系は1995年頃から変わってないよねーとか、全然売れない話とか。

*2どうなる、こうなる首都圏の鉄道網

*3:とりあえず開き括弧の後ろに二分空きが入ってるのが気になる。閉じ括弧はそんなことないのに……。なんでだろ。括弧の後ろに二分空きが入ってるっぽい。開き括弧の場合は「括弧の前に二分空き」ならそんなに気にならないはずだけど、なんで後ろに入ってるのかな。

*4:僕も似たようなことを常々思っているので。

*5Windows2000 + AdobeReader9.4.2

*6:忘れて複数アカウント作ってる事もあるんじゃないかなー。

ks1234_1234ks1234_12342011/03/01 00:52 「へー、うちのXP Home SP2+Reader Xだとどうだろ」と確認しようと思ったら、会員登録が必要だったので、止めた。めんどい。だって、登録しなくてもWebで読めるもの。無料でもそれだ。有料で成功する気がしないです。

「*4:僕も似たようなことを常々思っているので。」
というか、あれ、asakura-tさんとworrisさんをメインとした私の観測範囲での、まああとsilveramoiさんとかatohさんとか、そのへんの集大成にすぎないんですやね。

最初に書いたときには そのへんのお名前も付いてたんですが、ミスで1回全文消しちゃいまして、萎えて。次の抄訳かいたとき、クレジット忘れました。し、そもそもクレジット入れる=「相手にも責任があるかもしれない」ので、なんつーか「参考文献」紹介ですね。そのうち気が向いたら手直しします。誤変換いっぱいだし。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20110227

2011-02-24(Thu)

たまにはタイムリーに「Jコミ」について語ってみよう。

|  たまにはタイムリーに「Jコミ」について語ってみよう。 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  たまにはタイムリーに「Jコミ」について語ってみよう。 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 たまには新しい発表があったタイミングで。

 先日は「30円/クリックで6000クリックくらいかな?」とか書きましたが、d:id:GiGirさんが書かれている通り、

 この数字についてちょっと分析を。放課後ウエディングに挿入されている広告は全部で3社3枚。52万5千円ということは1社あたり17万5千円ということですね。これが5000クリック保証の満額だとすると1クリック35円。クリック保証型の報酬としては妥当なところなのではないでしょうか。ダウンロード数とWEBビューワーでの閲覧数が合わせて7万件ほどなので、クリック率はおそらく10%弱といったところでしょうね。

Jコミβ2についてあれこれ - 未来私考

――が正しい推測のような気がします。

 それを踏まえて今回のJコミの発表を確認すると、106万5千円を5社・5000クリックで割ると42.6円/クリック。

 第1巻のダウンロード数が現時点で4万5千ちょいですから、まあ5000クリックという線は堅そうです(これより最低クリック数が大きいと、支払いが滞る可能性が高いので)。

 クリック単価が半端なのは広告主毎に単価が違ってるんじゃないかと思うのですが(例えば自動車保険の広告は高そう)、このあたりの配分はちょっと分かりません。ただ、当初の想定よりクリック単価は高くなっているようです――これはクリック数が「最低保障」であり、よりクリックされていく事を考えれば当然と思います。


 さて、「18巻でこの値段はどうなのよ?」についてですけれど。

 単巻で約6万円になるわけですが、500円の単行本の場合は全18巻が1200部ずつ増刷された場合に相当します(600円なら1000部)。出版社が1000部しか増刷しないってことは基本的にないはずですから――最低ラインは2千~3千と想像してるんだけど、どうでしょね?――増刷されない=2千部は売れないと見込んでいるわけで、絶版になった単行本に対する収入としてはそれなりに妥当な気がします。

 電子書籍として売った場合を考えても、ほとんどの本は本当に売れないらしい――というか、売れてる本でも紙の1/20と言われてるわけで、1000部も売れない可能性が高いでしょう。

 ――とか考えると、「絶版になってる売れてない本*1」の収入としては悪くないと思ってます。


 効率を考えると「巻数の多い作品をそのまま出すのはもったいない」気がなんとなくしますし、需要を考えても「読切*2」を提供した方が(少なくとも現状の「Jコミ」に対しては)オトクだと思います。

 ――というわけで、漫画家の皆さんは是非とも読切を大量に提供していただければと思っております(笑)*3




 それはそれとして「もったいない」と思ってるのは事実なんで、そのうち「こうしたほうがいいんじゃね?」ってのを書きたいと思ってます。

*1:という言い方は大変失礼ですが、便宜上。

*2:単行本化されてない作品はもちろんのこと、単行本化されていても絶版になってるケースが多いと思いますし。

*3:いやまあ、僕は読切を読むのが好きなんでってのが一番の理由ですが(笑)。

2004 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 05 | 07 |
2014 | 01 | 02 |
2016 | 01 |
2017 | 01 | 05 |