Hatena::Groupasakura

浅倉卓司@blog風味? このページをアンテナに追加 RSSフィード

Error : RSSが取得できませんでした。

2012-12-30(Sun) このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 以前に「ものの値段が安すぎる」というような記事を書いて、思いもかけぬ数のはてブをいただいた(社交辞令)(ほんとは「投稿する」ってボタン押して時点から行けるんじゃねえかなと思ってにやにやしてた)(昨日歯を磨かないで寝たので、いま口がくさい)のだが、期待していたような経済について詳しい人からの「おまえはばかだなあ」みたいな反応はあまりいただけなかった。

お探しのページは見つかりませんでした。 - はてなブログ

――とかあったので、経済に詳しくない人が居酒屋でテキトーな事を言ってる感じて適当に書いてみた。

 ところではてブロへのトラックバックってどうすればいいんだっけ? ダイアリーならほっといてもトラバしてくれた気がするんだけど。b:id:lkhjkljkljdkljl とかでidコールしたほうがいいのかな。


インフレのほうがいい理由

 インフレのほうがいいっていうのは、未来にお金の価値が下がるからです。


 例えばいつかは買わなくちゃいけないモノがあるとしましょう。

 インフレで1年後に11万円になるけど今は10万円で買えるなら、今買ったほうがお得じゃね? という話になります。

 持ち合わせがなくて10万円借りたとして、年間の利子率が10%なら1年後に11万円返すことになるけど、1年間買ったモノを使えるからそのぶん得してるわけで、お金を借りてでも買ったほうがいい気もします。


 これがデフレで1年後に9万5千円になる場合、1年間使った価値が5千円に値するのかを考える事になります。しかも借金して買う場合は利子率が1%だと10万1千円返さなくちゃいけなくなるため、価値基準は6千円になります。


 まあインフレの場合でも利子率が15%なら5千円の価値があるか考える事になるわけなんですけどね。逆に利子率が9%なら1千円お得なので借金して買ったほうがいい、ということになる――こんな風にインフレだと利子率を通じて「お金の使いやすさ」をコントロールできるのもメリットです。デフレの時はこれができないんですね。

(そしてこれが一般的な中央銀行のお仕事、のはず。インフレでないと中央銀行は仕事ができないのだから、日銀はデフレ脱却を唱えないのはおかしい気がする。まあ、「インフレターゲットや量的緩和でインフレになるか分からない」という立場はアリだと思うけど)


 インフレ/デフレで状況が大きく変わるのは基本的に金額の大きなモノ(=借金する可能性が高い)なので、一般的な感覚(小売価格とかね)とはおそらく違います。

 一般人が大きな金額を動かす(=借金して買う可能性が高い)のはおそらく住居や車の購入なので、そのあたりで考えるのが適切でしょう。

(昔は割といろんなモノをローンで買ってたりしたけど、今は少数派になってる気がするし。デフレだと現金が強いし、お金を借りる意味がないからね)


どうしてデフレになったのか

 諸説あるみたいですが、正確なことは分からないみたいです。

 個人的には「高額な(値切りにくい)モノの需要不足」なんじゃないのかなあ、と考えています。

(高額なモノって何よ? という話にはなりますが。たぶん土地とか企業の設備投資とか。人件費も高額なはずですが、値切られまくりな状況みたいですし)


デフレ対策にはどうしたらいいのか

 諸説あるみたいですが、決定的なものはないみたいです。

 金額の大きなものを購入しやすくするのがいいんじゃないかと思っているのですが。その意味ではいつぞやの住宅ローン減税やエコカー減税にどれくらい効果があったのか・なかったのかが気になっています。

 住居・車の影響が大きいというのが正しいなら、都市部より地方に優先してお金を回したほうがいいのかもしれません。


 あとは(批判は大きいだろうけど)政府の公共(設備・インフラ)投資じゃないですかね。今はちょうどメンテが大事だって流れになってるので、大規模で長期間のメンテを進めていくのがいいかもしれません。

 それこそ今後のメンテしやすさを考えて高コストなあれこれをやるのもいいんじゃないのかな。


 日銀に関しては公定歩合を上げない(コアコアCPIのデフレーターが3%を越えるまでは我慢する)くらいでいいんじゃないのかな。以前は我慢が足りなかったみたいですし。

(需要不足だと量的緩和は効果がない的な話があったような気がしたので)





 ……あれ、「ものの値段が安すぎる!」で欲しかったツッコミはこういう話じゃない?

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20121230

2012-12-04(Tue)[あとで][整理する] このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 僕はブログやtwitterは雑誌のコラム*1を追いかける感覚で読んでいます。雑誌のコラムを読んでても「繋がってる」とは思わないわけで、同様にブログやtwitterを読んでても「繋がってる」とは思わないわけです*2

 ――なんてことを「知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか」を読んでてちょっと思ったりしました*3


 僕が他人と「繋がってる」という感覚があるのは「他人から自分への反応」があった時くらいかなと思うのだけど、それはパソ通時代や匿名掲示板の頃とあまり変わっている感じがしていない、というのが実感としてあります。

 パソ通だって(匿名)掲示板だってちゃんと反応あったしね。というか僕の場合はブログやtwitterで何か書くよりもパソ通時代や掲示板のほうが反応があった印象があるし。


 「繋がりを求める」=「反応がほしい」という欲求はまあ分からなくもないです。僕はそういう欲求は少ないほうだと思うけれど、ネットで反応が欲しくて暴れている(ように見える)人はしばしば見かけますし。

 ただ、それが本当に一般的な欲求なの? という疑問はあって、本当に「反応がほしい」人が沢山いるのならもっと暴れん坊を見かける頻度が多くなりそうな気がするんですよね。暴れん坊は目立つから「反応がほしい」=「繋がりを求める」人が多く見えてるだけなんじゃないのかな、と思ったりもするのです。


 「ソーシャルなんとか」と呼ばれるものが過去の(パソ通を含めた)ネットと違っていた点があるとすれば、「場」より「個人」が主体になったことかな、という気がします。昔のネットは「場」がありきで、だからこそ場のルールが優先されていました。

■2ちゃんねるは意外と作法にうるさい

 「継続的な人格を持たずに、ソーシャルメディア的なことができる場所」について、2ちゃんねるがあるという指摘があったけど、2ちゃんねるというか、掲示板というのは書き込む時に流れを読まないといけないとか、結構窮屈な部分もあるので、そういう縛りが薄いニコニコ動画を挙げた。ただし、ニコニコ動画は縛りが薄い代わりにできることも少ない。

 2ちゃんねるは書き込んでいい文章のスタイルも既に規定されている。長文を書き込むと場違いなどと言われてしまう。長文を匿名で書いて、読んでもらえる場所というのは今までなかったからこそ、はてなが運営する匿名ダイアリーは盛り上がった。匿名で好きなことを好きなスタイルで書こうとしても、各サービスごとにいろいろな縛りがある訳で、こうして分散する。

匿名のネットサービスは意外と表現のスタイルが限定される―「知らない人と繋がるネットサービスはもういらないんじゃないだろうか」補足:ARTIFACT ―人工事実―

――というのはまさにそれで、「半年ROMれ」というのも要するに「場のルールを理解しろ」というものです。


 それが「ソーシャルなんとか」が流行ってからは「場」ではなく「個人」ありきになったように感じます*4。ただし正しくは個人というよりは「有名人(タレント)」が「場」より優先(優遇)されるようになった、という事だと思いますけれど*5

 そう考えるとソーシャルなんとか=有名人追っかけツールで目新しいのは出ないんじゃないかなあ、とも思いました。


 ちなみに僕は「個人(有名人)」を中心としたモノを「ソーシャル(社会)」と呼ばれてるのがあまり腑に落ちてなくて、まだしも昔のパソ通とか匿名掲示板のほうが「社会」っぽいよなあと思ってます――「場」のルールを理解しろってのはまさに「社会」のような気がしますしね。


 そんな感じで「場」か「個人」のどっちかが優先されるサービスがほとんどだと思ってるのですが、「はてな」のサービスは(一部だけな気はするけど)割と両方がバランスよく扱われているような気がしてます。

 少なくとも一部で「はてな村」と言われる程度には「場」として認知されてますし、一方ではてなid(+アイコン)で「個人」をそれなりに認識できてますし。

 例えばブックマークを付けてるとお気に入りに入れてなくても「よく見かける人(id)」がいて、なんとなくその人の言動が分かるわけです。その距離感がなんとなく「学校のクラスメイト」くらいの距離感の「なんとなく知ってる人」っぽい感覚があって、個人的には気に入ってます。「お気に入り」に入れてる人は付き合いが濃くなって「クラスメイト」よりは「同じ部活・クラブの人」みたいな印象になりますけど*6

 そんな感じで「はてな」みたいに「学校のクラスメイト」くらいに場が機能してて個人を認識できるサービスは意外にないなあと感じてますので*7、そういうサービスをもうちょっと増やしていって欲しいと思ってます*8

*1:あるいはテレビのタレントやラジオのパーソナリティー。

*2:それとも一般的には雑誌のコラムを読んでても「繋がってる」と思うんだろうか。

*3:「繋がる」サービスの例としてブログやtwitterがあったので。

*4:そういや誰かが「個人の時代」と言ってたもんなあ。あれは誰だっけ?

*5:僕がブログを読んだりtwitterでフォローしてたのは「有名人(タレント)」のためだったし。

*6twitterではあまりそう感じないので、その違いは気になってる。

*7:あるなら教えて欲しいです。使うので。

*8:流行る前のサービスは人口密度が低いので場と個人のバランスがよいのかもしれない、という気もしています。その意味で「はてなブックマーク」は人口密度が高い割にはバランスがとれてる印象があります。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20121204
2004 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 05 | 07 |
2014 | 01 | 02 |
2016 | 01 |
2017 | 01 | 05 |