Hatena::Groupasakura

浅倉卓司@blog風味? このページをアンテナに追加 RSSフィード

Error : RSSが取得できませんでした。

2005-02-23(Wed)

「blog + RSS」よりも「フォーラムの会議室への書き込み」のほうが圧倒的にPUSHでしょ。

|  「blog + RSS」よりも「フォーラムの会議室への書き込み」のほうが圧倒的にPUSHでしょ。 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  「blog + RSS」よりも「フォーラムの会議室への書き込み」のほうが圧倒的にPUSHでしょ。 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

この記事においては、NIFTY-Serve のモデルと良くにたものとして SNS の存在を挙げていますが、僕としては SNS よりも、blog + RSS の世界の方が、パソコン通信をインターネットに移してきたすがたに近いのではないかと感じています。

パソコン通信とインターネット

――という意見にはほぼ同意などのですけれど、blog + RSSでもフォーラムの会議室に比べれば物足りなく感じます。なぜならフォーラムの会議室へ書き込めば多くの人に読んでもらえるし、おそらくレスポンスがある可能性も高いから。

 例えば、はてな等でいろいろ書いたモノよりNIFTY時代の書込みを読んだ人のほうが多いんじゃないかという気がする。それくらい「他人に読んでもらう(あるいは読ませる)」という点ではblog + RSSよりフォーラムの会議室のほうが価値が高かった。そういう点では、フォーラムの会議室の書込みはまさに「PUSH」でした。


 ところがblogの場合、おそらく全体の5%くらいはRSSによってPUSH的に利用される可能性があるけれど、それ以外はPUSHにはならない*1。ここが「会議室への書込み」と「blog + RSS」の大きな違いだと思うのです。


 ここで思い出したのが、昔サークルの先輩が語っていたことです。

 その先輩は「同人誌を作るより自主制作アニメを作るほうがいい」と言っていたのでその理由を聞いたところ、こう答えました。

 上映会で流せば確実に数百人が見てくれるし、その場で反応が分かる。でも同人誌だとそうはいかない。

 この違いが正に「フォーラムの会議室」と「blog + RSS」の差だと思うのです。

 フォーラムの会議室(=自主制作アニメの上映会)のほうは人数の上限が小さいけれど、ただしそこに集まった人にはほぼ確実に読んで(見て)もらえるし、レスポンスもある。

 blog + RSS(=同人誌を即売会で売る)ほうはより多くの人に見てもらえる可能性はあるけれど、ぜんぜん読んでもらえない(売れない)可能性も高いし、レスポンスもあまりない。


 というわけで、「より多くの人に見てもらいたい」「レスポンスが欲しい」人にとってはフォーラムの会議室のほうが良かったと感じるんだろうし、ノイズが多くても2chが好まれるのはこの辺かなぁ、と。荒しや自作自演はNIFTY-Serveでもあったし、「火事と喧嘩はネットの華」と言うくらいだしね。


 ちなみにこの比較でいうとSNSは「サークルやゲーセンなどの回覧ノート」だと思います、はい。

*1:このあたりはべき法則に従うでしょう。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20050223

2005-02-21(Mon)

RSSやその周辺技術がようやくパソコン通信時代の「自動巡回ツール」*1に追いつこうとしているのかもしれない。

|  RSSやその周辺技術がようやくパソコン通信時代の「自動巡回ツール」*1に追いつこうとしているのかもしれない。 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  RSSやその周辺技術がようやくパソコン通信時代の「自動巡回ツール」*1に追いつこうとしているのかもしれない。 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 ニフティ(旧・NIFTY-Serve)がパソコン通信サービスを終了するということで、たぶんあちこちでパソコン通信時代の思い出話が書かれるのだろう。

 そんな思い出話のひとつに、こんなことが書かれていた。

 NIFTY-Serveのような、テキストベースのログにしか過ぎないコミュニティに、人々がなぜあれほどまでに没頭できたのかと言えば、優秀な巡回ツールがあったからである。Windowsでは「NifTerm」、Macでは「ComNifty」+「魔法のナイフ」+「NIFTY-J ぞーさん」+「茄子R」という組み合わせが定番であった。

「パソコン通信」とは何だったのか

 確かにNIFTY-ServeにしろPC-VANにしろあるいは草の根BBSにしろ、当時は自動巡回ツールを使うのが当たり前だった。そうでなければお金(電話代)も時間もかかってしまうので、それらのツールなしではやってられなかったのだ*2


 それから時代が経ってインターネット(というかWWW)が主流になって何が困ったかといえば、情報入手に伴う時間コストの増大である。常時接続が当たり前になったおかげで電話代は気にしなくて良くなったが、変わりに時間コストが大幅に増えた。

 これは情報ノイズの増加もあるが、それよりも効率よく情報を収集する手段がなくなった、というのが大きいように思われる。

 その意味でRSSやAtomは、ひょっとするとパソコン通信時代の「自動巡回ツール」になりうるかもしれない*3。逆に言えば、今のWWWは自動巡回ツールの無かった頃のパソコン通信時代よりも劣っている、とも言える。


 こう考えると、なんだかんだ言われながら(言いながら)2ちゃんねる利用者が多いのは、2chブラウザの影響も大きいのではなかろうか。

 あまりにもリアルタイムで若過ぎるWebの匿名掲示板は、パソコン通信者にとって存在できる場所ではなかった。

――とは言うものの、パソコン通信に慣れていた人々(の一部)は、ウェブをあちこち巡るより2chブラウザでスレをざっと眺めるほうがなじみ深かっただろう。


 そんなわけで、インターネットは「パソコン通信」の良かった部分にまだまだ追いついていないトコがあるので、もうちょっとなんとかならないかなー、と思う今日この頃。

 そんな難民にとって、ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)の存在が、インターネット上のNIFTY-Serveに見えたことは想像に難くない。インターネットとはそもそも垣根が取り払われた存在だが、そのなかに改めて垣根を作ったという意味で、画期的であった。

――とあるけれど、実際にSNSを使った感想では「2chのほうがまだNIFTY-Serveのフォーラム近い」と思うしね*4



おまけ:なぜブログよりパソ通的掲示板(BBS)や2chのほうが楽しいか

 おそらく書込みにリアクションがあるから、でしょう。あるいは他人の書込みが存在しているということは、おそらくは自分の書込みを読んでいる人がいる、と思えるから。


 ホームページやブログがなんだかんだで飽きるのは、他人のリアクションがないからでしょう。だから「カウンター」「アクセスログ」「コメント」等々を気にするわけで*5

 そういうのを気にするなら、2chその他で書き込んだほうが多くの人に読んでもらえる可能性が高いし、リアクションのある可能性も高い。

*1:あるいはオフライン・リーダー。

*2:ちなみに僕はVC Term + Vz Editorを使って巡回用のマクロを書いていた。

*3:少なくとも現時点ではまだ負けている、と思う。

*4:SNSはせいぜいパティオかなぁ。

*5:「トラックバック」は積極的な「かまって君」かもね。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20050221

2005-02-15(Tue)

RSSがインターフェイスとしてイケてるかもしれない、というのは分かるんだけどね。

|  RSSがインターフェイスとしてイケてるかもしれない、というのは分かるんだけどね。 - 浅倉卓司@blog風味? を含むブックマーク  RSSがインターフェイスとしてイケてるかもしれない、というのは分かるんだけどね。 - 浅倉卓司@blog風味? のブックマークコメント

 現状で存在しているクライアントはイマイチでみんな良く使ってるなーとか思うのですよ*1。チェックするコストがあんまり下がってないというか。


 各エントリーの内容を適切にダイジェストにしてくれればコストが下がるかなー、Justsystemとかそういうの作らないかなー、とか思ったりはするのですが。本当はdescriptionが適切なら問題ないんでしょうけどね。


 とか思ったので、最近はタイトルを文章っぽくしているのです。単語が書かれているより文章があったほうが内容が分かるでしょ。

 内容に即してないと意味ないけど。

*1:僕が知らないだけで、実は何かイイのがあるのかも知れないけれど。

トラックバック - http://asakura.g.hatena.ne.jp/asakura-t/20050215
2004 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 02 | 03 | 04 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 05 | 07 |
2014 | 01 | 02 |
2016 | 01 |
2017 | 01 | 05 |